クレジットカードを作るのにキャッシングは影響がある

クレジットカードを作る際に既にキャッシングを利用しているという人の場合、審査の際に影響が出る可能性があります。

例えば、何か延滞や債務整理といった異動情報がある場合だと、それを調べられた時点でほぼ審査落ちしてしまいます。

この場合はわざわざ理由を説明するまでもない事ですが、過去に問題を起こしている人の支払いを立て替えたら、支払い能力が無くてトラブルとなる可能性も高いからです。



また、異動情報が無い場合でもローンやクレジットカードを作る際にキャッシングを利用していることが発覚すると、それだけで評価としてはマイナスとなるケースもあります。

キャッシングは金利も高く、特に消費者金融から借りている場合はイメージを悪く取られる傾向があり、お金の管理ができていないのではないか、などといった不安が出るからです。



必ずしもカードを発行する事が出来ないのではないですが、不安であればきちんと完済をした上でキャッシングは解約手続きを済ませてから申し込みをしておく方が良いです。
その他にはクレジットカードでキャッシング枠をつける場合も注意が必要であり、年収の三分の一を超える借り入れは原則行う事が出来ないので、例えば年収が300万円で既にキャッシングで100万円を借りている場合だと、クレジットカードにキャッシング枠をつける事ができなくなります。



それに加えて収入証明書の提出を求められる可能性も出てくるので、キャッシングを既に利用している人の場合は特にキャッシング枠はつけないでおくべきです。