クレジットカードを手にした際に気を付けるべきこと

クレジットカードが発行会社から自分の手元に届いたら、まず初めにカードの裏面にきちんと自分のサインを記します。サインの無いクレジットカードは使用することが出来ませんから、届いたその日の内にすぐ書くようにしましょう。


サインをしていないとクレジットカードの盗難や紛失・不正利用の際に損害を補償してもらうことが出来ません。


海外旅行に行った際にサインの無いカードを手渡してしまうと、カードを店側から返してもらえないなんてことも起こり得るので、注意が必要です。



また、当然のことながら、カードは発行した人以外使ってはいけません。

たとえ家族であっても貸し借りは厳禁です。

申し込みをした人の情報を照会し、その人なら信用できるとカード会社が判断して発行されたものですから、どんなに大切な家族でも利用してはいけないのです。



家族にもカードを持たせたい場合には、カード会社によっては「家族カード」というカードを発行することが出来ますから、一度問い合わせをしてみることをおすすめします。

クレジットカードは磁気情報を読み取って支払手続きをしますから、カード裏面の磁気ストライプの部分に磁気の強いものを当てたり置いておくことはしないように、気を付けて保管するようにしましょう。

大切な登録情報が消えてカードが使えなくなってしまう恐れがあります。



こうしたことに十分気を付けながら、便利で手軽に使うことの出来るクレジットカードを生活に取り入れていきましょう。