クレジットカードとデビットカード

クレジットカードは現金がなくても買い物ができるカードですが、同じような仕組みを持つデビットカードというものがあります。
デビットカードは口座に入金されている金額が利用限度額となる点や、一括払いのみを利用できる点が異なります。

また保険や補償もクレジットカードよりも少なくなっています。

シンプルな仕組みになっているため、審査が厳しくないのがメリットです。
クレジットカードはデビットカードにはない保険や補償やポイント還元率の高さが魅力ですが使い過ぎてしまう懸念もあります。



しかしデビットカードは必要な分だけを口座に入れておくことで使い過ぎを防止できるメリットもあります。

デビットカードはキャッシュカードに付帯されているので、クレジットカードの審査が通りにくい人にも向いています。


年齢制限はありますが銀行口座を開設できれば発行してくれます。

できれば年会費が無料となっている銀行で発行しましょう。



デビットカードには「J‐debit」と呼ばれるものがありますが、これは日本独自のものなので海外では使えません。



しかし一般的なデビットカードは海外でもATMがあれば現地通貨を引き出せます。

デビットカードは財布から現金を取り出す感覚に似ていると言われています。銀行口座からリアルタイムで引き落としされるので、気軽にショッピングを楽しめるからです。


また財布を紛失してしまえば補償はありませんが、デビットカードならトラブル時にも補償があります。