クレジットカードのショッピング保険

世の中には頑なに現金しか使おうとせず、クレジットカードを持つどころか、契約に関する検討すらしない方が居ます。


そのような方々は、様々な不安要素があるため現金しか使いたくないという気持ちになっているのですが、実はそういった習慣が社会的な信用を落としてしまっている可能性もあります。

その理由は、クレジットカードを愛用している方は、使用実態が関係機関のコンピューターに随時送信されるので、トラブルを引き起こす事無く利用していれば、信用度が高い人間だと判断されるためです。



一方、日頃から現金しか使わずに生活している方の場合は、情報が送信されて蓄積されることも無いので、良好な条件で車や住宅のローンを組む事は不可能です。自他共に認めるお金の管理に厳しい方であっても、データとして残っていないことから、ローンを組む機関はお金を貸してくれないわけです。
また、クレジットカードを使えばショッピング保険というものが利用できるようになります。実際にクレジットカードを使っている人々の中でもあまり知られていないことですが、カードを使って買い求めた物に対して常時保険がかけられるという仕組みです。

実際に、ブランドバッグをクレジットカードで支払いした後に盗まれた際、購入した時の値段分が戻ってきたという事例もあります。



保険が適用されている期間中に申請する必要があるのですが、通常のお金では絶対に有り得ない保証内容なので大きな安心が得られます。