クレジットカードは経済状況も考えて利用しましょう

クレジットカードは今や私たちの生活と切っても切れない重要な存在になっています。
お財布の中に現金が入っていなくてもその場にカードさえあれば欲しい商品をすぐに手に入れることの出来るクレジットカードは、便利で優れた買い物ツールです。
しかし使い方に注意しなければ、請求書が届いた際に真っ青になってしまうような事態に陥ってしまうかも知れません。



では、具体的にどのような点に注意すればよいのでしょう。



クレジットカードは現金を店員に手渡し、その代わりに商品を手に入れるという行動をしませんから、ついつい無限にお金があるような意識になってしまい使いすぎてしまいます。

ですから、自分が使った分の金額をきちんと記憶・把握しておくように心掛けましょう。
買い物の際に店員から渡されるレシートや利用明細書は大切に取っておき、定期的に見直して纏めておくようにします。

そうすることで自分がその日までにどんな物にいくらかけたのかを自覚出来るのです。



そういった手段を取ってもまだ使いすぎてしまう場合には、一度カードの利用限度額を見直してみましょう。利用限度額を一番金額の少ないものに予め設定しておけば、驚く程の請求が来ることを避けることが出来ます。

いずれにしても、自分の経済状況に合わせた仕様の仕方をするよう常に意識することが大切で、簡単に買い物が出来るからといって無限に使い続けられる訳ではないということをよく理解する必要があるのです。