クレジットカードを手にしたら気を付けるべきこと

カード発行会社から自分の手元に申し込みをしたクレジットカードが届いたら、まずはすぐにカードの裏側の指定の場所にサインを書くことをおすすめします。なぜなら、サインの施されていないカードは買い物に使うことが出来ませんし、万が一クレジットカードが盗難や紛失、もしくは不正利用などに使われてしまっても損害について補償してもらうことが出来なくなってしまうからです。

その上、海外旅行でサインの無いカードを提示してしまうと店側からカードを返してもらえないなんてことになってしまう可能性もあるため、しっかりとまずはサインをするように気を付けましょう。



また、当然ですがカード発行人以外はそのカードを利用することは出来ませんから、たとえ家族であってもクレジットカードの貸し借りはしないようにしましょう。
カードを発行した会社は「申し込みをした人」を信用したうえでカードを発行していますから、どんなに大切な家族でも、自分以外の人がそのカードを使ってはいけないのです。

どうしても家族にカードを持たせたいのならば、カード会社によっては申込者の信用で申込者の家族にもカードを発行することが出来ますから、一度問い合わせをしてみると良いでしょう。
カードの保管をする際には、磁器の強いものと一緒になってしまわないように十分な注意が必要です。



カードの裏面の磁気ストライプには、クレジットカードで支払いをする際に必要な情報が登録されています。



磁気の強い場所や物と一緒にしていると、その登録情報が消えてしまい使えなくなってしまう可能性があるのです。